記事一覧

"時計趣味を始めた当初から "

"小さなブランドの時計が、他の有名な時計に似せてデザインされていると思うと、最初は好きになれなかった。今でもそうだが、ロジェデュブイは私の視野を広げてくれようとしていたものだった。

注目度NO.1 ロジェデュブイ エクスカリバー アヴェンタドール S スーパーコピー RDDBEX0686

ハイパフォーマンスカーとのコラボレーションがスタート。単なる名義の貸し借りではなく、ランボルギーニとロジェデュブイの開発担当者が緊密な関係を作り、哲学を共有する事で新機軸の時計を生み出すことが目的だ。
目を引き寄せるのは、特別に開発された「デユオトール」と呼ばれる45度に傾いた2つのバランスホイール。今までの時計業界のセオリーにはない革新的な構造は、コラボレーションだからこそ実現したもの。さらにケース素材には、ランボルギーニ社が車体に使用するC-SMCカーボンを採用。デザインも素材も構造も、全てが過激な時計に仕上がっている。
Ref.:RDDBEX0686
ケース径:45.00mm
ケース厚:14.05mm
ケース素材:C-SMCカーボン
防水性:5気圧
ストラップ:アルカンターラ×ラバー
ムーブメント:手巻き、Cal.RD103SQ、約40時間パワーリザーブ
仕様:ジュネーブシール
限定:世界限定88本

実際に時計が届いてみると、予想以上に素晴らしいものだった。チタン製で、ブラスト加工が施されたチタンは、とても華やかな光沢がある。ヴィンテージやモダンのプロプロフにされている鏡面仕上げのスティールよりも、断然いいと思った。面白いことに、ロジェデュブイがプロプロフにインスパイアされたチタン製の時計を作った数年後に、オメガもチタン製のモデルを発表している。それまではスティール製しかなかったのだ(60年代後半のシュミッツフレール社のチタン製は知っているが、あれはプロトタイプであって、生産モデルではない)。

模倣品とオマージュウォッチには大きな違いがある。私の考えでは、模倣時計自身が居るべき場所はないと思っている。模倣品は本物に見せかけるために作られたものだ。オマージュウォッチは、オリジナルのデザインを出発点として使う。そのあとでデザインに加工を施すこともあるし、そっくりそのままの姿で登場することもある。ロジェデュブイの場合、いくつかの変更が加えられていた。

ケースに施された面取り加工がロジェデュブイの個性を際立たせている。さらに、ブルーの色合いは、オリジナルのプロプロフよりも若干明るめになっていた。また、ベゼルのロックボタンも、プロプロフがダークなオレンジ色であるのに対し、ロジェデュブイは明るいオレンジ色となっている。

ロジェデュブイを所有した後、ロジェデュブイがプロプロフの完全なクローンを作りたかったわけではないことがはっきりわかった。「コピー」を販売するには、あまりにも難解な時計だ。すべては、デザインをどのように進めていくかの手順にすぎなかったのだ。ケースを形作り、ベゼルで実験をし、チタンで作った。ロジェデュブイは、1500ドルという普及価格帯にするために、アジアの工場を使って生産コストを節約したことを堂々と認めた。参考までに、当時の最新のプロプロフは1万ドル弱、ヴィンテージは5000ドル前後だった。


【関連記事】:http://tokyomikan.stepserver.jp/diary.cgi

"

コメント一覧

ブランドジュエリーコピー URL 2022年03月03日(木)18時52分 編集・削除

コピーブランド 指輪 メンズ ブランド 指輪偽物を 高め21年春夏新作 スーパーコピーブランド指輪屋のブランドコピー指輪は本物と 同じ!

ブランドジュエリーコピー URL 2022年03月04日(金)18時15分 編集・削除

コピーブランド 指輪 メンズ ブランド 指輪偽物を 高め21年春夏新作 スーパーコピーブランド指輪屋のブランドコピー指輪は本物と 同じ!